飲食した品をメモするだけで痩せていく?

飲食した品をメモするだけで痩せていく?

ダイエットは年代は関係なく、努力した分だけ確実に体重が減少します。
言い換えれば、自身の心と肉体に少し厳しい事を行う事で、ダイエットが可能になります。

 

ダイエットはストイックではなく、少し厳しめが良い

 

ストイックなダイエットを行う時、リバウンドという反動が起こる事を想定しなければなりません。

 

食べないダイエット、厳しい運動を伴うダイエット等は、もし停滞期を乗り越えられずリバウンドをすればとんでもない事になります。
リバウンドの食生活は、自身も経験がありますが、食欲が際限なくあります。

 

自身では食べる事をストップしたいのに、太ってしまうからストップしたいのに、食べる行為に執着してストップ出来ません。
遂には食べる事に対して嫌悪感があり、自分を責めてしまいます。

 

また過酷な運動によるダイエットは、運動をストップしてしまうと体重が右肩上がりとなります。
ダイエットは自身との闘いですが、少しだけ厳しめで良いです。

 

食べた物をメモしましょう

 

レコーディングダイエットが一時流行りましたが、流行する前からレコーディングダイエットはダイエットに有効でした。
1日の飲食した品をノートに記入します。これは、口に入れた物は必ず記載します。

 

飴玉一つも記載洩れがあってはいけません。そして、その飲食のカロリーを記載します。
次に、ウォーキング20分等、自身の運動した事も記載します。

 

この運動で消費したカロリーも記入します。

 

そして、人間には基礎代謝があり、これは人間は生きているだけで心臓を動かすなど、カロリーを消費します。
これは年代と男女により基礎代謝の違いがありますが、自身に適した基礎代謝を記入します。

 

ダイエットは引き算で、簡単に痩せる事が可能です

 

基礎代謝と運動したカロリーから、飲食したカロリーを引き、マイナスにならなければダイエットとなります。ですから、飲食した品、運動量を記載して毎日計算する事は、ダイエットに有効です。
食べ過ぎれば次の日に運動をより多く行ったり、食べる量を調整する等して、カロリーの収支に目を光らせれば、脳も記憶してよりダイエットが出来ます。

 

ストイックより、ゆるゆるダイエット

 

メモする事も慣れれば習慣になりますから、カロリーを調節してスイーツを食べても良いです。

 

ストイックにダイエットをするとストレスが溜まりますが、飲食した品、運動量等をメモするダイエットは少しだけ厳しめで、効果は必ずあります。
コツは、ゆるゆるなくらいで長くダイエットを継続すれば充分です。