脂肪が燃えやすい体を作るために効果的な野菜

脂肪が燃えやすい体を作るために効果的な野菜

ダイエットでスリムなボディを手に入れるためには脂肪が燃えやすい体を作ることが重要です。

 

脂肪が燃えやすい体を作ることで運動による効果もアップし、健康的にそして効率よくダイエットすることができます。そこで今回は脂肪が燃えやすい体を作るために効果的な野菜や果物を紹介します。脂肪燃焼を促すためには体を温めることがポイントです。

 

体を温める食べ物として代表的なものが辛いもの、とうがらしです。とうがらしに含まれるカプサイシンは、新陳代謝をあげる作用があるので、脂肪燃焼に役立ちます。さらに汗をかくことで老廃物も排出され、むくみ防止にもつながります。

 

香りの強い食べ物も体を温めてくれる食べ物が多く、生姜も同じように、体を温めてくれる食べ物です。生姜に含まれるジンゲロンが脂肪の燃焼を促します。果物では、グレープフルーツが脂肪燃焼を促進してくれます。

 

香り成分のヌートカンが交感神経の働きを促進することで、脂肪燃焼も促します。しかも、グレープフルーツに含まれるナリンギンという成分は、食欲抑制の効果もあるので、食べすぎ防止になり、ダイエットにはもってこいの果物です。

 

土の中でできる食べ物、つまり根菜や冬にできる食べ物は体を温めてくれる作用のあるものが多く、その代表である大根は脂肪を分解してくれる働きがあります。大根のリパーゼという成分は脂肪分解、さらに糖質を分解してくれるジアスターゼも含まれていて、あまり知られていませんが、大根もダイエットに効果的な食べ物といえます。

 

ビタミンのイメージが強いニンジンですが、ニンジンに含まれるクマリンが、血行をよくし体を温めてくれます。

 

βカロチンも豊富でデトックス効果もあり、むくみ防止に役立ちます。以上紹介したように、脂肪燃焼を助ける食べ物は、脂肪燃焼だけでなく、ほかにもダイエットに効果のある成分を兼ね備えていることがあります。そういった食べ物を日頃の食事にとりいれ、脂肪が燃えやすい体にを作り、より効率よくスリムボディーを目指して下さい!