唾液や胃液に含まれている消化を助ける酵素

唾液や胃液に含まれている消化を助ける酵素

ダイエットに効果があると言われている酵素。右を左を見ても酵素だらけですね。

 

では、この酵素。一体どんな効果があるのか気になりますよね。まず酵素についてですが、酵素は体の中に存在する物質です。酵素は体の中で一体何をしているかと言いますと、内臓の働きを助けています。酵素はタンパク質でできていて、できることは一つだけです。例えば、肝臓の周りにいる酵素は肝臓の働きを助けることしかできません。そのため、膨大な数の酵素があると言われています。消化酵素とか有名ですよね。

 

唾液や胃液に含まれている消化を助ける酵素です。しかし、この酵素は加齢と共に減っていきます。また、野菜不足等により現代人は酵素の数が少ないと言われています。そこで、この酵素を食べ物や飲み物と一緒に摂取して酵素を増やし、基礎代謝を上げて痩せようという理屈なのです。しかし、思い出してください。酵素は一体何でできているかを。そう、タンパク質です。口から摂取したタンパク質は一体どうなるか。

 

そう、消化です。タンパク質は胃液で消化されます。つまり、酵素をいくら飲もうが食べようが、酵素は消化されてタンパク質として吸収されてしまいます。これが意味することは、酵素は酵素のまま体内には吸収されないのです。しかし、消化酵素は別で、胃薬の中に入っています。じゃあ酵素を摂取しても意味がないということ?と思っているあなた。それは少し違います。先ほど言った通り酵素はタンパク質で作られています。

 

つまり、酵素の素材のタンパク質があれば体内で酵素が作られ酵素が増えます。つまり、わざわざ酵素の入ったドリンクやサプリメントを買わなくても、野菜を食べタンパク質を摂取すれば酵素は増えるのです。また、発酵食品にも酵素が多く含まれています。納豆や味噌等。酵素を増やしたいのであれば発酵食品を食べましょう。

 

ヨーグルトとかおすすめですよ。スプーンで食べる固形のヨーグルトを開ける前にシャカシャカ振れば液体になり飲めるようになります。それでは、体内の酵素を増やして健康になりましょう。